民事再生は弁護士へ

ことやネットでも便利に借り入れができます。このようにローンのサービスは生活の大きな助けになっていることも多いのですが、一方でお金を借りる以上は返済の義務を同時に負うことになり、借りたお金を返すことが出来ないと言う状態になることは約束の不履行です。

借金問題のきっかけの多くはちょっとした借り入れから始まることが多く、何度か借り入れをしているうちに借金をすることに対しての抵抗感が薄れてしまって借り入れが大胆になってしまうというものです。

借金問題を抱えることになった後は民事再生などをして借金整理を進めていくのが一般的で、弁護士に依頼をすることによって民事再生の手続きなどもすべて代行して行ってもらうことができます。

ただしせっかく借金整理をしてもらっても借金に対する認識が甘いままだと同じことを繰り返してしまうことも多いので、借金問題のきっかけについても今一度考えて再び借金問題で頭を抱えてしまうことがないようにする意識を持つということも必要なことだと言えます。

民事再生弁護士ランキング

複数の借入先がある場合の金利

弁護士に相談をして民事再生の検討をしている人の中には複数の金融機関からお金を借りてしまっている人もいるかもしれませんが、複数の借入先がある状態のことを一般的に多重債務と呼んでいて借金の返済をむずかしくしています。

多重債務になってしまうと返済がむずかしくなるのは借入先が増えることによってそれぞれの金融機関から借りたお金に対してかかってくる金利の合計が高くなってしまうことが理由としてあります。

特に多重債務の原因となりやすいキャッシングやクレジットカードのサービスについては他の目的ローンと比較した場合に金利が相対的に高くなっているので返済における負担についても大きくなりやすい傾向にあります。

金融機関からお金の借り入れをするというのはリスクを伴うことでもあります。

多重債務になってしまうと末路は借金地獄であることが多いので早期に問題解決を図っていくためにも相談をして債務整理の準備を進めていくことが大切です。

また借入先が多くても借金の総額が少ないという場合は借り換えローンやおまとめローンなどの利用をすることで自分の力だけで借金問題解決を図ることができるケースもあるので状況に応じて借金整理の方法を考えることも大事です。

民事再生と任意整理との比較

民事再生を検討している場合に借金の総額が多い場合は司法書士に依頼して対応してもらうことがむずかしいので弁護士に依頼をして借金整理を進めていくことになり、借金の一部を減らすことで完済しやすい道筋を作ってもらいます。

民事再生をする場合の注意点となってくるのはペナルティがあるということを知ることで、他の金融機関からの借り入れをすることが出来なくなるだけでなく官報に名前が掲載されるので他の人に公的な書類で借金をしていたことを知られることになります。

ただし官報については一般的に人目に触れる機会も少ないのでこれが原因となることで知り合いに借金解決をしたということを知られることは少なくなっており、トラブルについても少なくなっています。

他にも任意整理をするという選択肢がありますが、任意整理と個人再生を比較した場合に大きく異なっているのは裁判の有無であり、任意整理の場合だと裁判は不要で借金の整理をしてもらうことになります。

ただし借金の一部が減額されるようなことはないので借金が多額になっている場合だと対応してもらうことができないという点には注意する必要もあり、状況に応じて債務整理の種類についてはアドバイスをもらう流れになるのが普通です。